原文は"Jonah was here"。

聖書の表紙に書いてある言葉…らしいのですが、どうなんでしょう?(K.S)


旧約聖書の『ヨナ書』にある、神の導きから逃げ出したヨナが 嵐にあって大きな魚に生きたまま飲み込まれて 3日後に海岸で吐き出されて生還した話だと思われます。

聖書の話なので「ヨナ参上」では違和感がありますね。 「ヨナはここにいた」「ヨナここに記す」などでしょうか。

日本では聖書になじみが薄いので何を意味してるかは わかりにくいかもしれません。


情報ありがとうございました。

さっそく図書館で旧約聖書を確認しましたが、元の話としては ヨナが何かを書いたりはしていないのですね。そりゃそうか。

聖書の時代ではあるものの、"... was here"と落書きするのはとても現代っぽい 行為ですし、どう翻訳するかは悩ましいですね…。(K.S)

それらしい落書きは聖書の時代でもよくあったようです。(ローマ帝国では) "Aufidius was here" がその一つということです。(通りすがりのイギリス人)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-15 (月) 01:45:39 (2988d)