原文は"Mary had a little lamb/Its fleece was white as snow/When Mary was in trouble/The lamb was first to go"。

これは有名なマザーグースの詩

Mary had a little lamb,
Its fleece was white as snow;
And everywhere that Mary went
The lamb was sure to go.

のパロディでしょう。訳は 「メリーさんの羊/ふわふわ真っ白/困ったときには/最初に逃げた」に してみました。

これに関して、

goを「行く」と捉えて、それを踏まえて「逃げる」と訳してしまうと
原文の意味と真逆になってしまうと思います。
goやcomeは日本語の「行く」や「来る」と一対一対応しているわけではなく、
状況によってgoを「来る」、comeを「行く」と訳すべき場面も出てくるので、

「メリーさんの羊/ふわふわ真っ白/メリーさんが困ると/真っ先にやってきた」

こんな感じが良いと思います。

というご意見を頂いたのですが、私は状況を考えるとやはり「行く」と 捉えるべきだと考えます。

というのも、元のマザーグースの詩では「メリーさんの行くところには/ どこにでもついてきた」となっているので、「困ったとき」にもその場にいたと 思われるからです。 また、このメッセージが表示される状況を考えれば、羊がメリーさんの助けには ならなかった、と推察できます。 もちろん「羊が助けに来たが役に立たなかった」という解釈もできるとは思いますが…

なお、この件に関する議論(このメッセージが表示される状況に関するネタバレを含みます)がBTS にあります。(K.S)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-15 (土) 01:56:50 (1254d)